あぐりーの紫推日記

Wake Up, Girls!と山下七海さんに魅せられた人間のブログです

ふたたびの山形【WUG徳島公演レポート前編】

気がつけばこのブログを書いている今日は2019年2月11日

徳島公演終わってしまいましたね、、、ずっと心待ちにしていた徳島公演、まだかまだかと思っていたのも束の間、時の流れというのはこわいものですね。

 

さて、感想を書こうかなということなんですけど今回の徳島公演、実は山形経由で来ました。僕自身は千葉県在住なので寄り道にしてはハードですね笑

これは全くの偶然でリア友たちと蔵王でスキーをすることになってまして、それで山形経由というわけです。なんの因果かわからないけど推しの出身地凱旋公演の直前に、推しが初めて演じたキャラクターの出身地に出かけることになるとは、、、(まさにこれは運命にゃー)

これほど推しに忠実な旅程を組んだオタクがほかにいればご一報ください(驕り)というわけで感想書いていきます!あ、まずは山形のこと書くので気長にお付き合い頂ければ幸いです。

 

0.ふたたびの山形

 リア友との集合は山形駅に12時だけど乗った列車は10時着、どうしても行きたいとことがあるんだよ(ナニナニ??)。山形に行くのは今回が2度目、前回行ったのは2018年3月10日のこと。なにしに行ったのか、そりゃもちろんあれですよ

初々しいツイートですね笑、もうすぐ1年前の話になるみたいです。前にもどこかで話しましたが、僕は2017年冬のWUGフェスがきっかけでワグナーになりました。なので当時の僕にとって人生で初めてできた推しのソロイベントに参加するということでワクワクドキドキの思い出があるわけです。山下七海さんを推す人間としての原点は山形にあるんです。そして、最初で最後の山下七海さんの地元徳島公演の直前に引き寄せられるように山形へ向かいました。

f:id:AgrinCulture1997:20190211213902j:image

f:id:AgrinCulture1997:20190211214426j:image

  いろいろめぐってきました、相変わらずミュージック昭和セッション(ソロイベ会場)は駅から遠かった(笑)。あの日に会場向かう時はひとりだったけど、帰りはななみ推し大勢で帰ったこととか、あのラーメン屋混んでて諦めたなぁとか思い出を抱きしめるようにひたすらにただ歩いていました。1回来ただけなのに懐かしくて、愛おしくて山形もすでに自分の中でHOMEになっていることに気づいた。

 2枚めの写真は山形駅からほど近い霞城(山形城)、HOMEツアーPart1の衣装替え間の映像で山下七海さんが立っていたのはこの場所。今回のHOMEツアーをひとつの物語として捉えるならば、去年の「東北ろっけんソロイベントツアー」はそのエピソードゼロになるのだろうかとか考えていた。ソロイベパンフURAのドキュメント映像がどのようなものになるのかはわからないが、4月になったらソロイベから5周年ライブ、FINALツアー、そしてSSAまでの1年間でWake Up,Girls!は何を伝えてくれたのか自分なりに考えてみようと思った。

 

 そんなこんなでリア友と国体出場山吉能ごっこ(ただのスキー)をして存分に山形を楽しんで全身の筋肉痛とともに徳島に向かうのでありました。めでたしめでたし、、、、おっと、徳島の話に到達できていないけど今回はここまで!!!

次回!

山形でエモみと筋肉痛を獲得した山下七海単推しワグナーあぐりーの運命はいかに?!