あぐりーの紫推日記

Wake Up, Girls!と山下七海さんに魅せられた人間のブログです

錆びない思い出を抱きしめるように@長野

1/28(月)午後2時

長野駅エキナカで美味しいお水3種を飲みくらべてとてもいい気分です。

 

こんにちはあぐりーです。

長野公演おつかれさまでした。さっそく振り返ってみます。

 

Part3どころか、HOMEツアー最小キャパ(最大984席)の長野公演。ホールに入ってみるとやっぱり小さいなぁという印象、特にステージの横幅が狭くてMCのときのわぐちゃんがいつもよりギュッとしていた(伝われ)

 

衣装は3rd衣装、この衣装はみゅーちゃんがグリフェスのパンフ&ブロマで選んでいた衣装。公演をプロデュースするメンバーと衣装が連動しているようにも思えるけど、まゆしぃが選んでいたPolaris衣装は大阪で披露されてないからそうとは言い切れないかー。まぁ、なに着てくれても可愛いからいっか(今回の衣装は腕の露出があれであれだった)

 

ここからは印象に残ったところを…

少女交響曲

まゆしぃが「告っちゃえちゃえ、ちゃえちゃえ」でめっちゃ煽ってくるの好き。我らがセンターは1曲目から我々に休むことを許してくれないのである。

あと今回は連番者がみにゃみ推しだったのでペンラでななみにゃトンネルを作れたのが楽しかった。ななみにゃ推しの皆様ぜひ一度お試しください。

 

②海そしてシャッター通り

昼公演で披露されなかったので油断していたら夜公演でやられました。新曲4曲はどれも素晴らしい曲だけど、個人的には最も強く響いた曲

確か最初のフォーメーションで7人が背を向けていて、物淋しさを感じてしまった。ペンライトも振らずにわぐちゃんの姿をみていたはずなのに全然記憶がない。覚えているのはラストの時計の音に合わせて照明が動いていたことぐらい。

とにかく感動したとしか言えない、でも言葉で表現するとどうしても薄くなってしまう。

 

曲中に劇伴曲「小さな一歩」を組み込んだこの曲、「小さな一歩」といえばPart1・2のリーディングライブの終わりにBGMとして流れていた曲。そういえば、Part1の場合だとそのあとはWUGの解散についての映像だったなぁ。なんてことを思いつつ静かに涙を流してしまった。

「小さな一歩」という曲は1分半にも満たない曲なのに「海そしてシャッター通り」という曲に姿を変え、こんなにも心をゆさぶられることになるとは、、、

僕がクニタック単推しになるのはもはや時間の問題みたいです

 

③企画コーナー

みゅーちゃんpresentということでDJあり得るなーくらいは思っていたけど、あの曲選は予想外すぎた。特に「王様のカデンツァ」と「Glossy World」は全くの予想外で心的なショックを喰らってしまった。

カデンツァはかやたんの「目に見えなくても届いてるはずだろ?」が印象的だった。Glossyは山下七海さんがセンターだったなぁ、ハッカドールの曲みたいになんとなく未来感があるというか電子的な曲と七海さんのお声は相性が良い気がする。

ラストは昼夜ともに「おいでよ!LOVE★飯田パラダイス 」で餅まき、餅太郎ありがとうかやたん。どうしよう、もったいなくて食べられない。

 

④アンコールで思ったこと

アンコールになると毎回のようにステージにツアーのロゴが写し出される。夜公演ではそれを眺め、そしてワグナーのWake Up, Girls!コールを聴きながらこれまでのHOMEツアーを頭のなか振り返ってみた。

あの会場では最前だったな、最後列だったな、右バルコニー席だったなとか。あんなサプライズがあったなとか、山下七海さんから暴レスもらったとか。色々な記憶を掘り返してこれまでのHOMEツアー、そして今長野のこの塲にいることを噛み締めてやっぱりWake Up, Girls!が好きだな。そう改めて思った。

来週のわぐりすらんを挟んで次回はついに徳島公演、気合い入れていこう。


f:id:AgrinCulture1997:20190128164901j:image

真ん中のお酒の名前は「七笑」

徳島でもたくさん「七笑」が見たい

七海の笑顔と七人の笑顔どっちも